「聖闘士星矢」3DCG新作が7月19日Netflix配信。主題歌The Struts

  • 时间:
  • 浏览:15

  「聖闘士星矢」を3DCG作品として新たに描いたNetflixオリジナルアニメシリーズ「聖闘士星矢: Knights of the Zodiac」が、7月19日より配信開始。新たなキーアートが解禁され、主題歌はThe Struts(ザ?ストラッツ)が歌う「PEGASUS SEIYA」に決定した。

  1985年に連載が始まった、車田正美原作「聖闘士星矢」は、日本だけでなく南米?ヨーロッパ諸国など世界中に多くのファンを生み出した。Netflixオリジナル「聖闘士星矢: Knights of the Zodiac」の舞台は現代。7月19日より、銀河戦争から暗黒聖闘士編まで一挙にNetflixで全世界独占配信される。制作は東映アニメーション。

  声の出演は、森田成一(ペガサス星矢)、折笠富美子(城戸沙織)、江川央生(辰巳)、櫻井孝宏(ドラゴン紫龍)、三浦祥朗(キグナス氷河)、佐藤聡美(アンドロメダ瞬)、小西克幸(フェニックス一輝)、田中秀幸(獅子座のアイオリア/ナレーター)、山﨑たくみ(牡羊座のムウ)、三ツ矢雄二(乙女座のシャカ)ほか。

  解禁されたキーアートは、星矢とアテナを中心に、青銅聖闘士(ブロンズセイント)たちが集まったもの。本編の場面写真も同時に解禁となった。

  主題歌は、UK出身のロックバンド、The Strutsの新曲「PEGASUS SEIYA」。いまなお多くのアニメファンから熱い支持を受ける「ペガサス幻想」の英詞版で、「当時の熱いメロディーはそのままに、全世界のファンが一緒に楽しめる曲に仕上がっている」という。

  The Strutsは「クイーンのフレディ?マーキュリー再来とも言われるヴォーカル、すべてのオーディエンスを巻き込む華やかで熱く楽しいライブと、会場を一つにするキャッチーな曲」で支持され、日本でも注目を集めている。